【テラコレ】秋に流行る病気って??

過ごしにくい夏を終えて、ようやく涼しくなってきた…と喜ぶ人も多い秋。
しかし、秋は注意しなければならない病気がたくさん!!
特に、気温の変化が激しく、季節の変わり目でもある秋口は注意が必要。
お子様や高齢者など、免疫力の低い方は 重症化してしまうことのある病気もあるんです。
今回は、秋に流行する病気の情報をまとめてみました。

①ウイルス・細菌による感染症
空気が乾燥する秋から冬にかけて、ウイルスや細菌による感染症が流行するのは有名ですよね。
中でも症例の多いのが、インフルエンザやRSウイルスです。
基本ですが、手洗いうがいをしっかりして感染を防ぎましょう!!

②食中毒
食中毒というと梅雨時や夏場に多いイメージがありますが、実は食中毒が年間で最も多く発生するのは10月なんです。
涼しくなってきたからと食品の保管方法に関する注意が緩んでしまうことや、
秋祭りや運動会などの行事で、屋外で飲食する機会が多いことが原因として挙げられます。
台所の衛生管理は、一年中気を抜かないようにする必要がありますね。

③呼吸器疾患
秋は、肺が弱くなってしまう時期です。 ちょうど季節の変わり目で風邪をひきやすい時期でもあるので、
喘息の出始めや花粉症などの症状を見落としてしまい厄介なポイント。
花粉症は、この時期はブタクサによるものが中心です。春先と比較すると、
症状はやや軽いのですが、慢性化してしまったり、副鼻腔炎(蓄膿症)を併発する可能性があるので軽視してはいけません。

④季節性うつ病
日照時間が短くなる秋から冬にかけては、 精神的にもふさぎがちな人が増えると言われています。
秋冬に発症するうつ病を、季節性うつ病と言います。
日光を浴びることによって症状が改善されますので、毎日短時間でも外出することが重要です。

今回は秋に流行る病気を紹介いたしましたが、身体を動かす事は病気を防ぐ上でもとても有効的ですので、
外出しやすい季節になりましたので、是非Terras三鷹に足を運んで見てください。
10月よりレッスンスケジュールも一新しましたのでお気に入りのレッスンを見つけて
LET'S健康ライフ★★

10月のレッスンスケジュールをチェック!!

ヨガ・ピラティスクラブ
ライフスタイルクラブ Terras三鷹
山本